Oracle

Enterprise Cloud 2.0のサービス紹介・サポート情報を掲載しています。

特徴・メリット

1. クラウド環境でOracle Databaseをサブスクリプションモデルで提供

  • Oracle Databaseを月額で利用可能。
  • サポート費込み。
  • Oracle Database Enterprise Edition(以下、Oracle EE)もサブスクリプションで提供。

2. ECL2.0のIaaSをカバーするOracleライセンス

  • 仮想サーバーメニューに加え、ベアメタルサーバーメニューまたは専用ハイパーバイザーメニューに
    Oracleライセンス提供を拡大。

3. 柔軟な課金体系

  • 仮想サーバーメニューでは、フレーバー(vCPUおよびメモリ)に応じた課金を提供。
  • ベアメタルメニュー/専用ハイパーバイザー向けメニュー(以下、BM/DH向けメニュー)では、
    物理CPU課金とvCPU課金の2つの課金方法を提供。システム構成に合わせた課金方法を選択することで、
    ライセンスコストの削減が可能。

4. Oracle EE 向けのオプションの充実

  • クラスタ機能「Real Application Clusters」
  • 表領域分割機能「Partitioning」
  • 診断機能「Diagnostics Pack」
  • チューニング機能「Tuning Pack」
  • セキュリティ機能「Advanced Security」
  • 脅威検出・遮断機能「Oracle Audit Vault and Database Firewall」※BM/DH向けメニューのみ提供。

利用シーン

企業での基幹系アプリケーションなどで必須なOracle Databaseをオンデマンドに利用可能。

柔軟な課金体系(BM/DH向けメニューの場合)

vCPU課金

Oracle DB用VMが利用したvCPU分だけのお支払となり、ライセンス費の軽減が可能。

 

 

物理CPU課金

多数のOracle DB用VMを特定の物理サーバーに集約する場合は、物理CPU課金のご利用の方が、vCPU課金よりも安価になることも。
 

 

サービスの仕様・料金

メニュー

提供メニューについて、以下のページでご説明しています。

利用可能な製品情報

Oracle製品名/バージョンについて、以下のページでご説明しています。