『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準 第9版改訂』に対応したセキュリティリファレンス

財団法人 公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)による金融機関向けクラウド検討ガイドライン
『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準 第9版改訂』セキュリティリファレンスのご紹介

 

クラウドサービスはその登場以降、企業のICT環境を支えるインフラストラクチャの中心となって、様々な業種の
企業によって利用されています。その一方で、金融機関等においては、顧客データ等の重要なデータに対する
セキュリティ対策や、インシデントの発生によるシステム障害が生じた場合の対策など、クラウド化の検討に
あたっては十分な安全対策の実施が求められています。この状況に対して、公益財団法人金融情報システムセンター
が策定するFISC安全対策基準が、金融機関等の情報システムの安全対策に関する基準として広く活用されています。

 
公益財団法人金融情報システムセンター FISCガイドライン(外部サイト)

 

私共では金融機関等におけるクラウドサービスの利活用促進を目的とし、ECL2.0について、株式会社三菱総合
研究所による「FISC安全対策基準」の各項目に対する対応状況の調査ならびに調査結果のリファレンス化を行い、
この度「ECL2.0対応セキュリティリファレンス」について資料請求の受付を開始しました。

 

FISC安全対策基準の遵守にあたっては金融機関等を中心としたお客さま側での対応が必要になります。
「ECL2.0対応セキュリティリファレンス」は、金融機関等が自らECL2.0をご利用頂く場合、あるいは
SI事業者等がECL2.0を利活用して金融機関等にサービスを提供する場合に、責任分解点の明確化や、
FISC安全対策基準にどうのように適合しうるかをセルフチェックするためのツールとしてご利用いた
だくことが可能です。
なお、調査の対象となっているFISC安全対策基準は、2019年11月現在で最新の第9版改訂となります。

 

「ECL2.0対応セキュリティリファレンス」を希望されるお客様は、お手数ですがお問い合わせフォームより
ご請求ください。

 
 

対応状況の調査確認実施機関については以下よりご確認いただけます。
 
金融機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス
三菱総合研究所(外部サイト)