お知らせ

(更新)ベアメタルサーバー/専用ハイパーバイザー(vSphere/Hyper-V)の End of Marketing開始および新フレーバーの提供予定


平素よりEnterprise Cloudをご利用いただき誠にありがとうございます。2017年12月15日よりベアメタルサーバー/専用ハイパーバイザー(vSphere/Hyper-V)の4フレーバーがEnd of Marketing(在庫分限りの販売)に移行します。

[2018/4/11更新箇所]

現行フレーバーの名称変更がポータル表示で反映されることを追記

[2017/12/13更新箇所]

専用ハイパーバイザー(vSphere/Hyper-V)を追記

オフィシャルイメージテンプレート対応情報を追記

概要

ベアメタルサーバーで利用する4機種について2017年12月15日をもってEnd of Marketingに移行します。またリージョン毎に在庫状況をみながら、後継の新フレーバーを提供します。これに伴いEnd of Life(サポート終了日)は2022年12月31日となります。

 

  • End of Marketing対象:ベアメタルサーバー/専用ハイパーバイザー(vSphere/Hyper-V)メニューにおける下記4フレーバー
    General Purpose 1/ General Purpose 2/ General Purpose 3/Workload Optimized 1

※メニューの販売終了ではございません。

 

現行フレーバーの名称変更と新フレーバー提供について

現行フレーバーの名称変更

現行のフレーバーのEnd of Marketing移行に伴い後継の新フレーバーを提供します。そのため、現行フレーバーの名称をv1に変更します。

2018年4月11日より順次、ポータル上でも名称変更が反映されます。

現行フレーバーの名称変更

現行 新フレーバー(v2)提供開始後の名称
General Purpose 1

General Purpose 2

General Purpose 3

Workload Optimized 1

Workload Optimized 2

General Purpose 1 v1

General Purpose 2 v1

General Purpose 3 v1

Workload Optimized 1 v1

Workload Optimized 2 v1

 

新フレーバーの提供について

現行フレーバーの後継として、新フレーバー(v2と命名)を提供します。v2は2017年度4Qよりv1の在庫がなくなり次第、各リージョンで順次展開予定です。詳細日程は確定次第別途、お知らせにてご案内します。v1の在庫状況については弊社営業担当者までお問い合わせください。

v2は一部仕様の変更があります。

 

v1/v2の主な仕様比較

項目 v1 v2
メーカー HPE 富士通
CPU製品 GP1 E5-2623v3 E5-2620v4
GP2 E5-2670v3 E5-2683v4
GP3 E5-2699v3 E5-2697v4
WO1 E5-2623v3 E5-2637v4
動作周波数(GHz) GP1 3.0 2.1
GP2 2.3 2.1
GP3 2.3 同左
WO1 3.0 3.5
コア数 GP1 4 8
GP2 24 32
GP3 36 同左
WO1 4 4
ディスク HDD

(600GB x 2)

SSD

(480GB x 2)

価格

JPリージョンの場合(税別)

GP1 114,000円 v1と同等価格を予定
GP2 230,000円
GP3 340,000円
WO1 297,000円
サポート対象OS等 サービス説明書参照 一部対象外に※

オフィシャルイメージテンプレートの対応可否

項目 v1 v2
オフィシャルイメージテンプレート Red Hat Enterprise Linux server 7.1 Y
Red Hat Enterprise Linux server 7.3 Y Y
Red Hat Enterprise Linux server 7.1 for BYOL Y
Red Hat Enterprise Linux server 7.3 for BYOL Y Y
Windows Server 2012R2  Standard Y Y
Windows Server 2016 Standard Y Y
Windows Server 2012R2  Standard for BYOL Y Y
Windows Server 2016 Standard for BYOL Y Y
Windows Server 2012R2  Datacenter Y Y
Windows Server 2016 Datacenter Y Y
Windows Server 2012R2  Datacenter for BYOL Y Y
Windows Server 2016 Datacenter for BYOL Y Y
VMware ESXi 5.5u3a Y
VMware ESXi 6.0u2 Y Y
CentOS 7.1-1503 Y Y
CentOS 7.3-1611 Y Y
Ubuntu 14.04.1 Y Y
Ubuntu 16.04.01 Y Y
CoreOS 835.9.0 Y

v2のサーバーに持込み可能なOSは各フレーバー共通です。以下資料の「PRIMERGY RX2530 M2」欄を参照ください。

ハードウェアのOS/ハイパーバイザーとの互換性一覧表
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/software/primergy-os/pdf/primergy-os.pdf

専用ハイパーバイザーメニュー利用時の混在利用について

専用ハイパーバイザーメニューをご利用頂き、v1/v2サーバーを混在し複数ホストをクラスタリングすることは可能です。機能詳細や注意事項等については以下のURLを参照ください。

vSphere

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/6.0/com.vmware.vsphere.vcenterhost.doc/GUID-6698B0EE-8B52-462B-88FF-ED90666D88E2.html

Hyper-V

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn859550(v=ws.11).aspx

現行フレーバー利用中のお客さまへ

  • 性能向上を目的などv2への変更やシステム移行を行う場合は、お客さま自身で移行を実施いただく必要があります。
  • General Purpose 1/General Purpose 2はコア数が異なります。コア数課金のライセンス利用時にはご注意ください。

今後ともお客さまにとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。