2.3.4.2. タスク作成

2.3.4.2.1. タスクとは

各機能は、定期的なアップデートやスキャンを行う事で、セキュリティ強化を維持します。
これらの動作を実行する為には、各スキャンのタスクを作成する必要があります。
作成できるタスクは、以下になります。
タスク種別 利用機能 用途 備考
コンピュータの
不正プログラムを検索
不正プログラム対策 指定時刻に、ウイルススキャンを実行。  
コンピュータの
変更を検索
変更監視 指定時刻に、変更された内容が無いかを確認。  
コンピュータの
推奨設定を検索
侵入防御
変更監視
セキュリティログ監視
指定時刻に、コンピュータに必要と判断されるルールを確認して適用。 ルールが更新されたタイミングや、コンピュータのメンテナンス後のタイミングで実施するのが効果的。
セキュリティ
アップデートを確認
不正プログラム対策 指定時刻に、各種セキュリティアップデートを実行。 レピュテーション機能を利用している場合、アップデートが出来ていない場合でも、最新の脅威には対応可能。
ポリシーの送信 すべて 指定時間に、設定値を強制的に配信。 設定更新時に即適用を行わない環境で利用。
レポートの作成
および送信
すべて 指定時間に、レポートを作成して、指定先にメールで送信。  
未解決アラートの
概要の送信
すべて 指定時間に、未解決アラートをメールで送信。  

2.3.4.2.2. タスク作成

  1. タスクの作成は、メニュータブの【管理】タブ⇒【予約タスク】ペインで表示されたメイン画面から作成します。
    task

  1. 各タスクの操作メニューから『新規』をクリックして、タスク作成ウイザードを表示します。
    task

  1. 表示されたウイザードでどのタスクを作成するのか、実行時間や周期、管理名、実行対象とするポリシー名やコンピュータ名を設定します。
    task

  1. 作成完了後、作成済み一覧にタスクが表示されます。